menu
閉じる
  1. トローチ錠のバイアグラジェネリック・カマグラは男女ともに効果あり
  2. 現役の医師にED治療を聞いてみた
  3. EDは治療して治せる病気の一つ
  4. EDを治療する画期的マシン 「ED1000」登場!
  5. 即効性のある「ステンドラ」が日本発売決定
  6. バイアグラを完全解説
閉じる
閉じる
  1. 持病と服用中の薬、その日の体調、きちんと把握していますか?
  2. バイアグラ、レビトラ、シアリス、数ある勃起薬、シチュエーションでどう使…
  3. イギリスではバイアグラが市販薬として販売へ
  4. 以前ファイザーを取材したときの話
  5. 心因性EDを改善したとある男性の話2
  6. 心因性EDを改善したとある男性の話1
  7. バイアグラを完全解説
  8. 妻とはダメでもほかの女性とならできるのですがこれもED?
  9. EDは治療して治せる病気の一つ
  10. 勃起障害はどのようにして起こるのか
閉じる

勃起不全改善  | ED治療最前線

心因性EDを改善したとある男性の話1

最近、ネットではパートナーのEDに悩む女性の話がぽつりぽつりと聞こえてくる。ネカマの存在は否定できないがヤフーの知恵袋を覗けば女性の切実な声が溢れている。

しかし、EDで悩む女性の肉声はなかなか聞くのは難しい。女性ならではのEDの悩みを本人の口から肉声として聞きたかった。

本音でED体験を語ってくれる人はどこかいないものかと、かねがね思っていたのだが、EDで悩む男の声は聞けてもセンシティブな問題故女性の声を聞くのは存外難しい。内心悩んでいても貞淑の概念なのか、「旦那に求められなくて却って清々する」と言われてしまうのが大半だ。実際、子づくりの必要性がないケースの場合、女性の側が性行為を求めるということに対してまだまだ恥じらいを伴うのは事実だろう。特にEDに悩む人が多いのは一般的に四十代半ば以降、昭和生まれの女性が性に対して開けっぴろげに語り合う習慣は殆どない。特に地方の閉鎖的な地域であればこの傾向は顕著だ。

どこか本気で日常会話の延長として聞けないものかと、ひょんなことから杉本さん(仮名)と知り合った。

ある出版系のイベントに出かけたときのことだ。以前から懇意にしている女性編集者と会い、せっかくだから帰りに軽くお茶でも飲みましょうという流れになった。

「連れがいるんだけど、彼もご一緒していい?」という彼女の横にふと目を向けると、上品な紳士がにこやかな笑みを浮かべて立っていた。

といっても、二人は特別な関係ではなく、広告会社の知り合いらしい。その日も仕事の兼ね合いで、連れだってイベントに来たということだった。疑いだしたらキリがない。仮に彼女たちが最近話題の「不倫関係」であったとしても自分には関係のないこと、別にどうでもいい。

「もちろんですと」と答え、三人で近くのスターバックスに繰り出した。このときはどうということもないお喋りが続いた。他愛のない話だ。最近の出版状況やネット広告の傾向など、当たり障りのない話に花を咲かせただけたった。

彼の名前を仮に杉本さんとしておこう。杉本さんは地方の国立大学を出て、広告代理店に勤めをしている。教育学部の卒業だが教職には就かず、営業畑を数社渡り歩いてきた。年齢は五二歳。目つきは鋭く、おしゃれなスーツを着て、見るからにインテリという風情だ。それでいてとっつきにくい堅苦しさはなく、物腰は柔らかいし、笑うと妙に人懐っこい感じがする。決して浮ついた遊び人という感じはしないのだが、「モテるだろうな~」というのが、私の印象だった。
 
その杉本さんが、知り合いの編集者がトイレに立った隙に、「私でよければ、EDのお話をしましょう」と申し出てくれた。実はその直前に、EDに悩む中高年向けに、「EDに関する記事を書いているんですが、今ちょっとストップしてしまっていて・・・。体験者の取材でもできるといいんですけど、気軽にナイーブな悩みを話してくれる男性なんて、そうそういるはずないですからねえ」などといながらぼやいていたのだ。

私としては女性編集者のほうに「誰かEDで悩む女性の知り合いがいたら、紹介して」というメッセージを密かに送ったつもりだったのだが、まさか杉本さんがED体験者として名乗り出るとは考えてもみなかった。「棚からぼた餅」とはこういうことをいうのだろう。

「失礼ですけど、EDでお悩みになったことがあるんですか?」と尋ねると、「あります」。しかも「さまざまな場面でありました」という。せっかくだからこの日は名刺を交換するにとどめ、別の日にじっくり取材させてもらう機会を設けることにした。

若い男性のEDは心因性の影響が強いので、興味はあるものの、熟年世代のEDとはテーマとは、はなれる。

しかしながら五〇代前半であれば、年齢的な衰えなのか、或いは心理的なものなのか、一体どちらが原因かよくわからない複雑な部分があるだろう。そこに私の食指が動いた。

突然、離婚を切り出される

杉本さんと会ったのは、その一週間後のことである。話が話なので、夜、お酒を飲みながらのほうがいいだろうと、個室のある居酒屋さんで取材をさせてもらった。

すでに面識はある。挨拶もそこそこに、彼は「実は・・・」とすぐに本題に入った。私は彼の了承を取ったうえでボイスレコーダーのスイッチをオンにする。

EDにまつわることなど、これまでは誰にも話せず、心の内で無意識のうちに「誰かに聞いて欲しい」という思いが彼自身に溜まりに溜まっていたのではないか。それをようやく吐き出すことができるとあって、話す気持ちになったのかもしれない。 取材という形式をとっているが本当は彼自身が心情を吐露したかったのではないかと思う。

「実は四年ほど前に、妻から突然、離婚したいといわれました。あれは忘れもしない日曜日の夜でした。夕食後、NHKの動物番組を見ていると突然家内に切り出されたんです」

杉本さんは一瞬、妻が何をいっているのか、分からなかった。連れ添って二十数年、特別仲が良かったわけではないが、離婚話などそれまで一度も出たことはない。下戸の妻だから酔った勢いというわけでもない。もちろんしらふだ。

杉本さんはどちらかが死ぬまで、結婚生活は続くものと信じていた。

「どうして離婚したいのかを聞いても、彼女は頑として理由をいわない。とにかく離婚したいの一点張りで、話し合いも何もあったもんじゃない。それ以上詰めても無言のまま、一時の世迷い事かとも思い、その日は諦めて寝てしまいました」

そして翌朝、朝食はいつも通り作ってくれたが相変わらず妻は無言だ。昨夜の出来事は一時の迷いじゃないということを悟った。ひどく傷ついたのは事実だ。だからとってこんなことで会社を休めるわけはなく、いつも通り会社に向かった杉本さんは、満員電車に揺られながらふと考えた。「これだけたくさんの男が乗っているけど、昨夜熟年離婚を言い渡された男なんて、俺一人だろうな」と。そう思うと切なくて、情けなくて、涙が自然と溢れ出たという。

「もっとショックだったのは、会社から帰って来たら、妻がそれまで使っていたパソコンを慌ててパタンと閉じて、どこかにしまい込んだことでした。離婚話が出たことで、 妻に男ができたかなとは思ったけれど、それを詮索するためにパソコンを盗み見しようなんてケチな気持ちはまったくないですよ。妻は自分のことをそこまで卑怯な男だと思っていたのかと、余計に情けなかったですね、私は妻の携帯を覗き見るということを今まで一度だってしたことはありません。彼女が同僚と遊びに行くといえば行っておいでと気持ちよく送り出してきたつもりです・・・」

この離婚話がどんなふうにEDへと発展していくのだろう。私は、「失礼ですけど、奥さまとは夫婦生活のご関係はあったのですか?」と尋ねた。「いや、僕ができなくなっちゃって暫くなかったんです」という。

やっぱりという声が自分の中でこだまする。まあ予想通りだ。さらに尋ねる。「どうしてですか?」
「私たちは結婚前に子供はつくらないと約束しておりました」と、うつむきながら杉本さんが話し出す。

奥さんは大手ゼネコンで働くバリバリのキャリアウーマンで、「仕事に打ち込みたいから、子供はいらない」という考え。収入も実は奥さんの方が多く、年収も一千万円をゆうに超えるという。杉本さんもそのときは若かったし、奥さんにべタ惚れだったから、彼女の要望を「いいよ」と受け入れた。「子供なんていなくても、夫婦二人で仲良くやっていけばいい」と思ったからだ。また、今はそういっても時間が来れば子供が欲しくなるときがくるかもしれないと思ったというのも大きい。双方の両親から子供はまだなのと言われ続けていたのも事実だ。

夫婦生活は人並みにするのだが避妊は徹底された。危険日には絶対にしない、安全日であっても避妊具の着用は義務、イチイチ確認された。

いつしか、この義務感に苛まれ、やがて「ゴムはつけた?」といわれた瞬間に萎えるようになってしまった。それは四〇歳も半ばを過ぎた頃のことで、「歳も歳だしもういいか」と、なし崩し的にプラトニックな生活になっていったそうだ。

何ともお気の毒で、「それは無理ないですね」といいつつも、私には奥さんの気持ちもわからなくもない。

コンドームとはいえ、決して万全ではない。ゴムが破れる可能性は決してゼロではない、避妊第一の女性からすればいつ精液が洩れるか心配でしょうがない。もし破れ、欲しくもない子供ができたら、それこそ悲劇だ。虐待される子の多くは望まれていない出産の子が圧倒的に多い、実際中絶手術を受ける人の何割かはちゃんと避妊具をつけていたという。また、中絶するとなれば、女性は身体にも、心にも相当なダメージを受ける。杉本さんの奥さんがそうだとは限らないが子殺しの念に苛まれ、一生悩み続ける女性もいるという。だから杉本さんには申し訳ないけれど、奥さんの言い分にも一理はある、夫婦関係の難しさをつくづくと実感した。

2へ続く

PR [バイアグラジェネリック]ペネグラ(Penegra)100mgの格安購入はこちら♪
[バイアグラジェネリック]シルデナフィル100mg・Bristol社製の格安購入はこちら♪
バイアグラ50mgの格安購入はこちら
バイアグラ100mgの格安購入はこちら

すべて専門機関で検査済み本物です。
即効性抜群ステンドラジェネリック、アバナ200mgの格安個人輸入はこちら

関連記事

  1. イギリスではバイアグラが市販薬として販売へ

  2. ED治療薬の効果と特徴を知り状況に合わせた服用で立たない悩みを解…

  3. 夫がEDだと思ったら…妻がするべきこととは?

  4. バイアグラを投与して自信の回復

  5. 以前ファイザーを取材したときの話

  6. 持病と服用中の薬、その日の体調、きちんと把握していますか?

おすすめ記事

  1. バイアグラを完全解説
  2. EDは治療して治せる病気の一つ
  3. 現役の医師にED治療を聞いてみた
  4. トローチ錠のバイアグラジェネリック・カマグラは男女ともに効果あり
  5. EDを治療する画期的マシン 「ED1000」登場!




ED薬一覧とよくある質問まとめ




ページ上部へ戻る